トップ > 院長ご挨拶
院長ご挨拶

はじめまして。女性鍼灸師の佐藤です。

みなさんは、「はり」「お灸」というとどんなイメージがありますか?

「肩こり、腰痛に効くもの」
「お年寄りが受けるもの」

わたしも、はりきゅうを受けたことがないときは、そんなイメージを持っていました。
今は、はりきゅうを受けたことがない方が持つそんなイメージをとてももったいなく思っています。

「東洋医学の良さを知らないなんて、もったいない。もっと多くの人に、気軽にはりきゅうを受けてほしい」
「たくさんの人、特に自分と同じ女性にはりきゅうの良さを知ってもらおう」

そんな思いで、女性と子供専門のはりきゅう院を開きました。

はりきゅうは、色々な症状を診ることができます。

一般にはりきゅうが効果があると思われているのは、「肩こり」「腰痛」「関節の痛み」「神経痛」などです。(もちろん、これらの症状にとってもよく効きます。)

東洋医学の理論を用いて行うはりきゅうは、それ以外の症状も診ることができます。
現代医学では、「原因がわからない」「体質の問題」「ストレスからきているから、対処できない」と言われる症状でも、東洋医学では理論的に説明ができ、はりきゅうで体内のバランスを治したり、体質を改善することによってよくなる症状がたくさんあります。

特に女性は、成長によるホルモンバランスの変化、妊娠・出産による体調の変化によって、一生の間で体質が大きく変化するため、男性以上に様々な症状に悩む方が多いです。

がんばっている女性を、少しでも応援したい。

「日々、仕事や家事、子育てなどでがんばっている女性を少しでも元気にしたい」
「仲のいい友達の家を訪れるような気持ちで、気軽に治療を受けにこられる治療院にしたい」
そんな思いで、女性と子供のためのはりきゅう院を開きました。

女性の一生は、変化の連続です。
まんまーる鍼灸院は、そんな環境の中で日々がんばる女性の悩みに答え、応援する治療院です。

「辛いけれど、昔からの体質だから仕方がない」
そんなふうに思って、辛い症状に耐えながらがんばっている女性の方、ぜひ一度、まんまーる鍼灸院にご相談にきてください。

女性と子供専門はりきゅう院
まんまーる鍼灸院 佐藤 優

鍼灸師略歴

1977年 埼玉県春日部市に生まれ、春日部で育つ。
2000年 大学を卒業し、埼玉県内の会社に就職。
2006年 渋谷区にある花田学園・日本鍼灸理療専門学校に入学。
2009年 はり師・きゅう師免許を取得。
東京都台東区にある鍼灸接骨院に勤務。
鍼灸学術団体である一般社団法人北辰会に入会。
2011年 埼玉県草加市の接骨院に勤務。鍼灸部門を立ち上げる。
2013年 上記の接骨院勤務と並行して、東京都足立区の女性専門鍼灸院に院長の代行として勤務。
2014年 地元である春日部市で、女性と子供専門はりきゅう院まんまーる鍼灸院を開院。

鍼灸師プロフィール

名前 佐藤 優(さとう ゆう)
性別 女性
出身 埼玉県春日部市(生粋のかすかびあんです。)
趣味 ジョギング・旅行・読書
好きなもの らーめん(大好物です)・リラックマ・バスケットボール・もちろん鍼灸
メッセージ 昔から好奇心旺盛で、人と話すことが大好きな性格です。
たくさんの人と出会えるこの仕事は、自分の天職だと思っています。
患者さまに元気とパワーを与えるつもりが、逆にたくさんの勇気と喜びを頂いたりします。
時間に追われて常にストレスがたまりがちな現代で、来院した患者さまにホッとしてもらえるような、柔らかくまあるい印象の治療院にしたいと思い、「まんまーる鍼灸院」と名づけました。
「患者さまがいつも元気で健康に、笑顔で日々を過ごせる」という目標を、共に目指す治療家でありたいと思っています。
これからも、よろしくお願いいたします。

ページトップへ戻る