トップ > 治療について
治療について

当院の治療について

当院の治療は、患者さまひとりひとりの体質・環境に合わせた治療です。

東洋医学の理論に基づいて行っています。)

「痛むところ、辛いところに鍼をさして筋肉をゆるめるだけ」のいわゆる局所治療ではなく、辛い症状の原因を、詳細な問診や触診でつきとめ、その患者さまの体質を改善し、辛い症状の出ない体を目指す「根本治療」を行います。

一見、何の関係のないお体の症状が体質に関連する場合がありますので、どんな些細な症状でもご相談ください。
(まんまーる鍼灸院は、鍼灸専門の治療院です。鍼灸以外の手技療法は行っておりません。ご了承ください。)

初診時の持ち物

服薬中の場合は、お薬手帳をお持ちください。
不妊治療をご希望の場合は、基礎体温表をお持ちください。
治療着はこちらでご用意しておりますので、お持ちいただかなくて大丈夫です。

治療の流れ(初診時)

①問診票の記入:詳しく症状や体質を知るために、問診票を記入していただきます。

②問診:問診票に基づいて、問診を行います。お体全体の痛みや不調、何が一番辛いかなどを詳細に伺います。
患者さまの体質を確定するために、二便・食生活・睡眠の状態などの生活環境も詳しく伺います。

③触診:治療着に着替えていただいたあと、お体全体の状態を見させていただきます。
東洋医学的な診察(脈診・舌診・腹診・背候診など)を行います。
また、全身のツボ(経穴)の反応も、詳しくみます。
関節や筋肉の痛み・しびれがある場合は、病態を特定するために筋力テストや運動テストも合わせて行います。

④説明:診断のあと、今、体がどのような状態にあるか、何が原因で現在の症状が起こっているのか、その原因をよくするために、どんな治療を行うのかを詳しく説明します。

⑤治療:診断に基づき選んだ経穴に、鍼やお灸を行います。
原因箇所にのみ治療を行うほうが効果が大きいため、鍼やお灸を行う箇所は、二、三ヶ所のみです。

⑥養生指導:最後に今後、日常生活でどのようなことに気をつけていただきたいかを指導します。


*初診は、診察と治療を合わせて約二時間です。
*二診目以降は、約50分です。

治療に使用する鍼

当院で使用する鍼は、全て密封されたものを開封して使う使い捨ての鍼になります。
また鍼おきであるシャーレ、消毒用の綿花も、すべて使い捨てのものを使用します。

小さいお子さんを治療する際は、小児はりと呼ばれる、皮膚に刺さずに接触するだけの鍼を使用します。

男性患者さまのご来院について

当院は女性専門のはりきゅう院のため、原則として中学生以上の男性患者さまのご来院をお断りしております。(当院院長の知人の患者さまのみ、治療を受け入れている場合がございます。)

鍼灸治療を希望される男性患者さまには、当院と同じ治療法を行っている他の治療院をご紹介することもできます。ご希望の際は、お問い合わせください。

ページトップへ戻る